Peter Granser

Peter Granser (ペーター・グランサー)   2013年5月 滞在

Peter Granserは写真を独学で学び、2001年にはWorld Press Photo Masterclassに招待されています。2002年にArles Discovery AwardとDeutscher Sozialpreisを受賞、2004年にOskar-Barnack Awardを受賞しました。2006年にはドイツ・バーデン・ブルテンベルグの芸術財団の奨学金を受け、2011にHelmut-Kraft-Foundation Talent Art Prizeを受賞しています。彼の作品は世界各地の美術館で展示されており、Houston Museum of Fine Arts(米国)、Fundación Ordóñez-Falcó(スペイン)、the ARTIUM Centro-Museo Vasco de Arte Contemporáneo(Vitoria-Gasteiz、スペイン)、Fotomuseum Winterthur(スイス)、the Alison and Peter Klein Collection(ドイツ)、Staatsgalerie Stuttgart, Graphische Sammlung(ドイツ)などに作品が収蔵されています。

JP

Studio KuraにはAustrian Cultural Forumより助成を受けて滞在制作します。

福岡市にあるアートスペース紺屋でのアーティストトークを行った他、九州大学にて講義及びワークショップを行いました。滞在の成果を発表する個展「Schatten Felder」にて写真とビデオの作品を展示しました。

また滞在中毎週末にStudio Kuraにて地域の方に太極拳の教室を行い多くの方と交流しました。

  • 2013/5/15: トークイベント「konya2023 talk vol.3」 [発表] [様子]
  • 2013/5/24: 九州大学でワークショップ
  • 2013/5/25: Studio Kura Galleryで個展オープン [発表] [様子]

現在まで5冊の著書があります:

  • 2003: Sun City, Benteli, Switzerland
  • 2005: Alzheimer, Kehrer,Germany / La Fabrica, Spain
  • 2006: Coney Island, Hatje Cantz, Germany/Galerie Mennour, France
  • 2008: SIGNS, Hatje Cantz, Germany / MoCP, USA
  • 2011: Peter Granser 2000-2007, Superlabo, Japan
  • 2012: Was einem Heimat war, Buecher & Hefte, Germany (May 2012)
  • 2012: „J’ai perdu ma tête”, Kodoji, Switzerland (July 2012)

Peter Granserの著書「Signs」

Peter Granserのプロジェクト「Heaven in Clouds」

2
3