Sa Youngin

Sa Youngin サ・ヤンエン 사영인 史永仁 (韓国) 2018年6月滞在

Sa Youngin サ・ヤンエンは、韓国と米国に活動拠点を置き、彫刻とメディア機器を組み合わせたインスタレーション作品の制作に取り組んでいます。
彫刻とメディアアートを専攻し、ソウル国立大学(SNU)美術学士号を取得。2017年より米国の美術大学ロードアイランドスクールオブデザイン(RISD)デジタルメディア学科の修士課程に在籍しています。今夏、RISDの助成プログラムに選ばれ、スタジオクラにて日本での滞在制作を行います。

ヤンエンは予期しない不幸なメカニズムを調査し、私たちが住む場所や時間にどのように作用するのか探求します。ただし、対象のメカニズムを暴露することによって解決策を生み出したり、批判することはありません。
対象のオリジナル素材を使用し、デジタル機器と彫刻の要素をインスタレーション内に組み込むことで、日常生活の脆弱な瞬間や象徴を浮き彫りにする一風景を作り出します。

スタジオクラでは、政治的な意味からシフトし、社会の認識に影響を及ぼしている象徴のようなものを意図するプロジェクトを行います。

– サ・ヤンエンのウェブサイト

1M3A2105

1M3A2095

1M3A2083

1M3A2101

collapsed-image

cyberart_1

タグ: