Janet Saunders

Janet Saunders ジャネット・サンダーズ (オーストラリア) 2017年8月滞在

ジャネットはウェスタンシドニー大学の助講師および博士課程在籍中です。視覚コミュニケーションを受講する学生の創造的プロセスにおけるドローイングの有効性を研究しています。
この研究は現代ドローイングの実践や視覚的な知覚現象に焦点を当て、自身のドローイング制作を通して「ドローイングの軌跡」を探求しています。
現在、即興ドローイングの調査と開発を含む学力向上プログラムを完了しています。

伝統的な素材とデジタルスケッチのアプリを使い、ドローイングによる感情的・物理的な模索を試みながら自身の「思考の痕跡」を記録しています。
作品は、時折身体によって生まれた偶発的な印や、「水のくすぐり」、その時々の環境を組み合されて制作されています。
スタジオクラでは、日本の旅行者としての経験や文化的影響を反映した制作を行い、ドローイングの制作工程を研究するだけでなく、ドローイングそのものの探求を継続することを目指しています。

– ジャネット・サンダーズのウェブサイト

1Finding my way image
Finding my way image: Exploring each segment and the whole while contemplating on the demise and influence of the Australian eucalypts on the cork tree industry.

2Finding my way map
Finding my way map: Using my map of Portugal to doodle my way through Spain.

3Hillside in Portugal
Hillside in Portugal: Investigating marks through reflection, water squiggles and
observational drawing.

5The hand of man
The hand of man: Investigating drawing techniques of Lisbon tile artists and the influence
of man on the Portuguese rural landscape.

4Lisbon landscape
Lisbon landscape: Sketching in the streets of Lisbon. Finding landmarks and feeling my way through continuous line.

タグ: