Samina Islam

Samina Islam サミーナ・イスラム (パキスタン) 2017年6月滞在

Samina Islam サミーナ・イスラムは、オランダで生まれ育ち、1996年以降パキスタンのカラチに拠点を置く多分野で制作活動を行うアーティストです。2002年にカラチ市の芸術学校Studio Artファイン・アーツ科を優秀な成績で卒業、また2014年にAlliance Francaise写真科のDiplomaを取得しました。彼女の作品は、ヴェネツィア・ビエンナーレをはじめ国内外で発表されています。また、2010年度のキャサリン・ベイクレス・ネイソン詩作賞受賞したDilruba Ahmedの本「Dhaka Dust」の表紙や、グラミー賞のAudien(Nate Rathbun)のアルバム「Insomnia」(2014年)のカバーに作品が使用されました。

社会的および文化的な問題の批判的視点に基づいて、サミーナは社会を支える女性の役割を反映するようなユニークで実験的な制作を試みるようになりました。写真に繊維や糸を使い、印象的で豊かな感触を作品に持たせ、創造力を養います。刺繍では、新しい自由な自己表現を見つけ、彼女の繊細で祝福的なアプローチは、社会の家父長的傾向に反する女性らしさの力を巧みに描き出します。

スタジオクラでは、様々な物を収集し、絵画、染織、刺繍と組み合わせて作品を制作し、糸島周辺を探求していきます。

– サミーナ・イスラムのウェブサイト

SaminaIslam_ClueCrimeScene

SaminaIslam_ClueDesiHoneymoon

SaminaIslam_Cluefingerprinting

SaminaIslam_ClueHandprint

SaminaIslam_ClueHoneymoon

タグ: