Cho, Hui-Chin

Cho, Hui-Chin 卓 卉芹 チョー・ホエ・チン (台湾) 2019年4月滞在

Cho、Hui-Chin チョー・ホエ・チンは芸術大学Slade School of Fine Art美術学士号を2018年に取得、ファーストクラスの成績でDean’s Listに載りました。CASSアート絵画賞とステア賞を2018年に受賞、現在はロンドンに在住し制作活動を行っています。

多文化的な国で育ったチンは、主題の歪みや抽象的なモチーフ、赤ちゃんのような見た目を持つ不思議な生き物を作品に登場させ、哲学的な対話を促すためにヴィンテージまたはアンティーク素材ほか複数の素材を組み合わせて制作することを好みます。

絵画または彫刻制作を通して、ヴィンテージ素材と他の素材を使うことのジレンマを探求し、メタファー(比喩表現)がどのようにして物事の認識や本質にふれ理解されるかに興味を持っています。同時に生と死の間の曖昧なアイデンティティーを持つアンティーク素材を描写し、その素材に隠されたメタファーを表現しています。

作品に登場する多数の違和感のある人物やモチーフはグロテスクでありながら深みのある物語を作り出します。チンの好奇心旺盛で芸術的なアプローチは、人々の心理、欲望、フェチ、両性、サディズムとある物事への執着(オブセッション)など内観することに通じています。

– ウェブサイト: https://www.chin.art/

1. A solemn infant

2.Antecedents of being

A soothing blend of camomile and lemongrass

A spoonful of utopia

Fiction-esque

The personified ancient artefact

タグ: