Golda King

Golda King ゴルダ・キング (フィリピン) 2019年11月滞在

1983年にセブ島で生まれたGolda King ゴルダ・キングは、カリフォルニア州サンフランシスコの美術大学で2013年に絵画学士号を取得しました。セブ、サンフランシスコ、オークランド、アイスランド、台南、シンガポール、マニラなど多数のグループ展で作品発表を行ってきました。

これまでに、セブ人画家であるゴルダは国内外のアーティストインレジデンスに3度受賞しています:Gullkistan (2014年)アイスランドのロイガルバトンにある創造センター、Vermont Studio Center (2017年)バーモント州ジョンソン、The Denis Diderot Grant, Chateau Orquevaux (2018年)フランスのシャンパーニュアルデンヌ。また2020年6月にセブ市のQube Galleryにて4回目となる個展を開催予定です。

ゴルダ・キングは、自身の疑問を解決することを目的に絵を描きます。主に水彩画、グラファイト、ガッシュを使用しますが、巨大なキャンバスの場合は油彩を使用します。彼女にとって絵画は自己認識のプロセスであり、作品は思い出の再構築です。

スタジオクラでは、ネガティブな思考からはなれ、自身の心が自由にさまよう静かで安全な場所と感じるイメージを描きます。

The subjects are usually of bare faces in delicate compositions that echo a familiar stillness, and her palette –the most telling trait of the artist’s creative disposition– is a blend of soft colors with hints of mystery and darkness, or traces of serenity and lightness. The blur and anonymity of her characters establish, without the slightest intention, a striking bond between artist and viewer, a seclusion that places both in a state of secrecy and allure. As King engages in experimentation, there are works in between the release of her major collections that depict her daily ‘visual diaries’. These entries are painted as abstractions, made to journal the artist’s personal encounters and views, expressed or experienced through art, practice and sometimes, conversation.

– インスタグラム: @goldakingstudio

1

2

3

4

5

タグ: