Ingchanok Sinudom

Ingchanok Sinudom インチャノ・シンウドン (タイ) 2019年12月滞在

Ingchanok Sinudom インチャノ・シンウドンは、タイのバンコクに活動拠点を置く陶芸家です。セラミックスデザイン科の学士号と修士号を取得しました。

殆どの作品は、木や葉、風景、身の回りの環境などの自然からインスピレーションを受けています。物事の細部を注意深く観察し、表面や空間、リズムの関係を考察した制作を行います。形状と色彩で模様を作ることで、自身の感情を伝えています。

陶芸の他に、絵画や彫刻での制作も行っています。陶芸で制作する前に、道具に縛られることなく制作を行うため、絵画や切り絵を通して作品のスケッチをします。制作工程での予測不可能な間違いが、時には貴重なインスピレーションになります。

現在は、陶芸とは別の方法で作品を発展させ、自然のパターンのほかにインスピレーションとなる複数のオブジェクトの可能性を実験しながら制作を行っています。スタジオクラでの滞在制作期間中、絵と刺繍を組み合わせた作品、もしくは自分の感情に適した技法によって作品を制作することを予定しています。

– ウェブサイト: http://ingchanoks.com/

The Language of Pattern in Nature_01

The Language of Pattern in Nature_02

The Language of Pattern in Nature_03

The Language of Pattern in Nature_04

The Language of Pattern in Nature_05

タグ: