Danika van Kaathoven

Danika van Kaathoven ダニカ・ヴァン・カゾオーフン (オランダ) 滞在期間 2018年3月

Danika van Kaathoven ダニカ・ヴァン・カゾオーフン は、アーネム市にある芸術大学ArtEZ Institute of the Artsのプロダクトデザイン科学士号を取得。
ストーリーテリング、詩、言葉と物の相互作用に関心を持ちながら、日用品に関する独自のルールや解釈を用いて様々なありふれた物々を観察し、日常生活に隠されている新しい形や輪郭を探求する制作展開を試みます。

大学卒業制作プロジェクト「Walls With Covered With Cut-outs」を2017年に行い、紙の切り抜きを通してポジティブ・ネガティブスペースのアイディアを研究した作品群を発表。はさみで紙を切断する手法は、直接的かつ直感的に形を実験できる原点となり、意図的に切り抜かれた形(ポジティブ)と、切り残しの形(ネガティブ)を探求しました。

スタジオクラでの滞在期間中、引き続き「切り抜き・切り残し」シリーズを継続しながら、同時に着物からインスピレーションを得た新しいシリーズを展開します。伝統的な日本のシルエットである着物をモチーフに新しい平面と立体の輪郭を作品に反映していく予定です。

– ダニカ・ヴァン・カゾオーフンのウェブサイト

danikavankaathoven_formarchive_1

danikavankaathoven_formarchive_2

danikavankaathoven_formarchive_3

danikavankaathoven_formarchive_4

danikavankaathoven_formarchive_5

タグ: