Eleanor Anderson

Eleanor Anderson エレナー・アンダーソン (米国) 2018年3月滞在

Eleanor Anderson エレナー・アンダーソンは2012年にコロラド・カレッジを卒業。版画と繊維を学び、セラミック、テキスタイル、プリント、コラージュなど幅広いメディアで制作しています。
現在はニューヨークのブルックリンにあるTextile Arts Centerでの滞在制作に参加しながら、コロラド大学のデザイン学科第9期の研究員として在籍しています。最近では、美術学校Penland School of CraftsのCOREフェローシッププログラムを修了しました。
米国雑誌「American Craft Magazine」のセラミックとテキスタイル特集にて紹介されたこともあります。

スタジオクラでの滞在中、ファウンドオブジェクトなど一度捨てられた紙などを用いたコラージュ制作し、より絵画的な線や跡の印(マーク)を探求していきます。作家がスタジオにいないときは、自転車に乗っているかもしれません。

「私は二次元と三次元の間の二次半元を探求することに興味があります。絵画と彫刻の間の空間のようなものです。キルトやラグ、バスケットから、三つ編みや斜め格子、格子、結び目やネットなどの技法などテキスタイルの伝統からインスピレーションを得ています。」

– エレナー・アンダーソンのウェブサイト

DSC_0075

DSC_1617

5B2A3200 copy

タグ: