Karima Duchamp

Karima Duchamp カリマ・デュシャン (フランス) 2018年7月滞在

Karima Duchamp カリマ・デュシャンは、フランスに拠点を置くビジュアルアーティスト。美術学修士課程とセラミックのディプロマ課程を修了。作品は、繊細で謎めいたモチーフの描写だけでなく、ドローイングやペインティングと彫刻的陶芸を組み合わせて制作されます。色に感心があり、特に色の退色、重なり、年月に興味があります。

これまでニューヨークのthe Salon Art+Design、アメリカのDesign Miamiほか、中国、ドイツ、スペイン、スイス、ベルギーなどヨーロッパをはじめ世界中で作品を発表しています。

受賞歴:
1st Prize International Keramiktage Contest, Oldenburg, Germany
1er Prize Biennal of Ceramics of Andenne (market),Belgium
2nd Prize European Ceramic Competition, Festival of Ceramic Art, St Quentin la Poterie,
France
Jury Prize, painting contest, Salon des 40, Saint-Louis, France

所蔵先:
Ariana Museum Collection, Geneva, Switzerland
Four drawings in the collection « Fonds dess(e)ins », Les Traces Habiles, Paris
Moderne Gallery, Philadelphia, USA
Giroussens Town collection, France
The Clay Studio collection, Philadelphia, USA
Shigaraki Museum of Ceramics, Japan

また国際陶芸アカデミーのメンバーとして、2018年9月に新台北市でグループ展に参加する予定です。

滞在制作期間中、スタジオクラの周辺を探索し、魅力を感じる日本的な工芸やモチーフを探します。作品材料を探し、どの材料を使用するか選択します。
ドローイング、顔料の美しさが際立つ表面、色を用いて奥深くに埋められている小さな魔法の宝物を探すようなインスタレーションに取り組む予定です。

– カリマ・デュシャンのウェブサイト

Karima Duchamp-oil drawing #1

Karima Duchamp - oil drawing #2

Karima Duchamp - oild drawing #3

Karima Duchamp - oil drawing #4

タグ: