Kyle Bates

Kyle Bates カヨ・ベイツ (米国) 2018年12月滞在

Kyle Bates カヨ・ベイツは太平洋北西部に拠点を置くミュージシャン、オーディオ・ビジュアル・アーティスト、作家です。ポートランド州立大学で音楽と英語の学士号を2015年に取得。
姉妹プロジェクト「Drowse」「Floating Room」や、The Flenser、The Native Sound、Good Cheer Records、Glowing Window Recordings、Apneic Void and Televisionなどの広範囲なプロデュースを行う制作や演奏活動はNPRやVice、Spinなどのメディアから注目されています。

明確な聴覚空間、双極性の経験、個人の公開を探求することに焦点を当てています。文章のように自己を読みとる練習方法を唱えるローランドバーツの影響を受けました。
記憶、羞恥心、離脱、睡眠、恐怖、人間のつながりをテーマとして扱い、作品は映画やビデオゲームのサウンドトラック、サウンドとテキストベースのアートパフォーマンス、様々な著作物の依頼を受けることもあります。
これまでスペイン、アイスランド、米国全土のフェスティバルやギャラリーで作品を発表および演奏を行いました。現在、ポートランドを拠点に活動しています。

スタジオクラでは、音楽に適用される不思議な流域のレンズを通して、部分的に外界との繋がりや関わりを調べるマルチメディアプロジェクトを完成させたいと考えています。

– ウェブサイト: https://www.kylebates.net/

1unnamed

2unnamed

3unnamed

4

5

タグ: