Maternal Mitochodria

Maternal Mitochodria マーテナル・ミトコンドリア (米国) 2018年1月滞在

Maternal Mitochodria マーテナル・ミトコンドリアは、Miriam SaganとIsabel Winson-Saganによる母と娘のアート制作共同チームです。

マーテナル・ミトコンドリアは、墨流しやテキスト(詩)でのサイトスペシフィックなインスタレーション制作に焦点を当てています。墨流しでは湧水の井戸、貯水池、流域など地元の水を使うことで場所の特異性が引き立ち、こうした過程は伝統的な日本の芸術の在り方だと考えています。インクの模様に合わせて刺繍を加えることにも関心があります。

作品の題材は、時間や場所、地形の生態学から派生します。父と息子は工芸や芸術分野で見られるものの、母と娘のコラボレーションはまれです。私たちは「マッピング (地図)」に関心を示し、特に墨流しは地形図のように見えます。私たちのプロジェクトは、多世代のマルチメディアフェミニスト派生プロジェクトです。

2015年10月にノースカロライナ州のワイルアクアレスにて1週間、2017年の夏にニューメキシコ州タオス北部のラマ山にあるHereke Art Centerで2週間ほど滞在制作を行いました。そこではモノプロントを制作のレパートリーとして用いました。
また、詩のジオキャッシュプロジェクト(地球規模で行う宝探しゲーム)に取り組んでいます。
地元のSanta Fe Skies RV公園でジオキャッシュをした際には詩を用いたインスタレーション(尖塔の上に書かれ、卵形の容器に隠されています)をデザインしました。

日本では、紙やインク、詩、風景、水など様々な物に触れインスピレーションを得たいと思っています。

略歴

Isabel Winson-Sagan イザベル・ウィンソン-セーガン はニューメキシコ大学の宗教学の学士課程を取得。現在、サンタフェコミュニティーカレッジでインターメディア芸術と木工を学んでいます。キャンパスギャラリーでは2つの展覧会に参加し、学生が運営していたサンタフェリテラルレビューの芸術編集者の経験もあります。彼女は「タイニーハウス(tiny house)」作りと関連したブログ制作にも力を入れています。 イザベルのウェブサイト

Miriam Sagan ミリアム・セーガン
は、詩、回顧録、フィクションを25冊以上制作した著者です。彼女の最近のコレクション「SEVEN PLACES IN AMERICA」は、エバーグレーズ国立公園、Petrified Forest National Part、 Andrews Experimental Forest、THE LAND /アート・サイト、ストーン・クエリー・アート・パークなどがあります。
2016年の退職まで、ニューメキシコのサンタフェ・コミュニティー・カレッジでクリエイティブ・ライティング・プログラムを創設し運営。
現在、非営利研究機関のThe Center for Land Use Interpretationとともにグレートベースンの爆撃範囲の端でトレーラーハウスで生活しています。アイスランドのGullkistanでの制作滞在中、彼女はサンタフェ市長賞と感謝賞をニューメキシコの文学芸術機関より受賞しています。Miriam’s Wellでブログを行っています。

IMG_20170531_203353_053

IMG_20170523_001947_338

IMG_20170507_151238_625

IMG_20170510_195749_268

IMG_20171204_090000_469

タグ: