Miya Sukune

Miya Sukune スクネ ミヤ (米国) 2017年10月滞在

Miya Sukune スクネ ミヤは、ワシントン州シアトルに在住、油絵とドローイングに特化したビジュアルアーティスト。古典的な現実主義の影響を受け、芸術におけるオープンで人間性のある筆使いなどの跡の不規則さや不揃いさを作品に取り入れています。
対象物や肖像画のモデルに現在と過去の時間が示唆されているように、ミヤの作品では記憶が重要な役割を果たしています。混在しながら描かれる現代の生活と過去は、筆や付けペン、鉛筆などを使用し、憂鬱でユーモラスな物語が表現されています。

スタジオクラでは、ここで出合う馴染みのあるもしくは馴染みのない文化的風景を観察し、視覚的なエッセイを描きます。 視覚的なエッセイは、スクネが生まれた国である日本の繋がりと日本文化に浸り、アイデンティティの定義を探求します。

2015年にシアトルの美術学校 Georgetown Atelierの古典的現実主義絵画およびドローイング学科でディプロマ(Diploma)を修了。翌年、Trowbridge Atelierにて現代絵画の実践に焦点を当て1年間在籍しました。

– スクネ ミヤのウェブサイト

1unnamed

2unnamed

3unnamed

タグ: