タグ別アーカイブ: オランダ

Didi Lehnhausen

Didi Lehnhausen ディディ・レーンハウサン (オランダ) 2018年2月滞在

Didi Lehnhausen ディディ・レーンハウサンは、オランダの美術大学ヘリット・リートフェルト・アカデミーthe Gerrit Rietveld Academy を2016年に卒業し、最優秀卒業生賞を受賞しました。その後、滞在制作の参加やドイツとインドネシアを行き来しながら、アムステルダムのアトリエで制作活動を行っています。作品はこれらの国々に出展され、最近ではアムステルダムのNEU / NOWフェスティバルにて展示されました。

作品は様々な印刷技術を用いて画像を分解し再構築することによって、写真媒体の本質を探求しています。カメラ技術と異なる印刷技法用いて、対象となる素材を印刷作品や映像、パフォーマンスへと変化させていきます。
彼女は、記憶装置のような一瞬の瞬間を捉えることができる物理的な形で試み、最近の作品では、長さ10メートルのシルバーゼラチンプリントのインスタレーション作品を展示しました。暗闇の中、10メートルの作品を

滞在制作期間中、画像イメージ、映画、物語、本、歴史的な話から日本文化のアイディアを探求していきます。アイディアを探求しながら、さまざまな視点とフレームを通して滞在中に目にとまった身の回りを観察し捉えていくことに挑戦します。

– ディディ・レーンハウサンのウェブサイト

1unnamed

2unnamed

3unnamed

4unnamed

5unnamed

Andrea van der Hillen

Andrea van der Hillen (ドイツ)   2015年5月 滞在

Van der Hillen氏はミュンヘンを拠点にするドイツ生まれの美術家です。ミュンヘン美術院で美術とグラフィックアートを勉強して、ベルリン芸術大学で美術学士を得ました。彼女の作品はドイツ、アメリカ、日本などで展示されています。

Van der Hillen氏は卵テンペラという古いテクニークを用いています。自分で画材を作り、旅先で見つけた砂を混ぜたりします。

andrea van der hillen Andrea-Hillen-Ausstellung-April2015

andrea van der hillen 2009gartenbegegnung

andrea van der hillen 2008koenig

Gert-Jan Akerboom

Gert-Jan Akerboom (オランダ) 2015年5月 滞在

Akerboom氏はドイツのベルリンを拠点にするオランダ生まれの美術家です。ロッテルダムのWillem de Kooning Academieで美術学士を得ています。彼の作品はオランダ、英国、ドイツ、タイ、アメリカ、ノルウェーと日本で展示されています。

Akerboom氏はドローイングの新しい技術を組み合わせて、アイデアを描きます。アイデアは、科学と文化の研究から得ています。天文学、数学、歴史などの分野でアイデアを追求しますが、答えは特に追求していません。

滞在中、Akerboom氏はHannah Reber氏と一緒にStudio Kura Galleryで「Nami Multifraktal」というインスタレーション作品を発表しました。
Nami Multifraktalはオランダ大使館とドイツ大使館の後援で行われました。

Akerboom氏とReber氏は福岡市のArt Space Tetraでも、自分たちを含めてドイツ人アーティスト5人の作品を発表する展示会を行いました。
CGG Berlin POP-UP

gertjan Untitled - bridge

gertjan 1

Bas Noordermeer


Bas Noordermeer (オランダ)   2011年1月 滞在

バス・ノールデルメール

バス・ノールデルメールは2006年にも来日し、札幌・S-AIRのレジデンスプログラムに参加し、インスタレーションおよび映像作品を制作・発表しています。バスの作品は、写真・映像・音を用いて時間や空間の感覚を分析・再構成し、一般的に認知されている現実/環境との共存のなかで新しい現実環境を作り出すものです。 テレビ番組の製作を通じて培った、様々な社会環境の中で様々な境遇にある人々とのコミュニケーション能力が、作品にユーモアと深みを与えています。

Studio Kuraには2011年1月に一ヶ月間滞在しました。レジデンス期間中に制作したビデオインスタレーション「Still in Itoshima」を滞在の成果として発表しました。

DSC_0327
bas noordermeer