タグ別アーカイブ: 韓国

Hye-Jin Kim

Hye-Jin Kim ヘジン・キム (韓国) 2018年2月滞在

Hye-Jin Kim ヘジン・キムは、韓国の大邱在住、抽象絵画と混合技法で作品制作する若手アーティストです。2008年にニューヨークへ渡米し、プラット・インスティテュート(絵画)美術科学士号を取得。韓国での「Abstract Mind」、「Memorial」、「Meditation」や日本での「Letters from Sapporo」など、2012年よりグループ展や個展を開催しています。

視覚に障害のある人々を含めた誰もが楽しめる視覚芸術を作り出すことを目標に制作しています。美しいシーンを見つけるたびに写真を撮り、多くの視覚的なイメージを用いて自身の気持ちを記述する文章/詩を書いています。そのため視覚障害のある人々でも心にシーンを思い浮かべることができます。またヘジンは点字と写真を使ったレリーフ(浮き彫り)制作も行っており、見ることができない人とできない人によって異なる魅力を伝えています。「一見すると抽象的なレリーフのように見えますが、視覚に頼らずに作品に触れると、実際の写真を思い描くことができるかもしれない」と作家は語ります。

スタジオクラに滞在中、福岡で撮影した写真をもとにレリーフシリーズに取り組んでいきたいと考えています。完成した作品はスタジオクラで展示するほか、同年韓国で開催される個展でも展示する予定です。

– ヘジン・キムのウェブサイト

Framed World

Like a Dream

Natural Artist

Jeongsoo Lim

Jeongsoo Lim ジュンスー・リム (韓国) 2016年2月 滞在

Jeongsoo Lim ジュンスー・リムは、ソウル在住のインスタレーションに特化したアーティストです。脱構築とイメージの組替によるインスタレーション作品を発表しています。韓国芸術総合学校のヴィジュアルアーツ科の学士号を取得後、現在は同学校の修士号取得のため在学中です。活動拠点のソウルで個展やグループ展での作品発表を行いながら、デザインやアート・ディレクターとして芸術関連のコラボレーションプロジェクトにも携わった経験もあります。

彼女の作品のキーワードは、「繰り返しと変動」、「ルールと即興」、「各(それぞれ)と重複」です。
リムは、生活の断片化された様子に着目し、状況を継続的に変えていく「変則」に関心があります。

– Jeongsoo Limのウェブサイト

limjeongsoo work01

limjeongsoo work02

limjeongsoo work03

limjeongsoo work04

limjeongsoo work05

limjeongsoo work06

Joohee Yang


Joohee Yang (韓国)   2011年2月 滞在

チュヒ・ヤン

Joohee Yangはニースと、ソウルを拠点に活動する作家です。ニースのNational School of Fine Arts at the Villa Arsonを卒業後、世界各地でのグループ展に参加しており、滞在した地域特有の素材を用いて様々なインスタレーションを制作しています。

Studio Kuraには2011年2月に一ヶ月間滞在しました。滞在の成果を発表する展覧会「A growing point : Tiny Chaos」では、米蔵であるStudio Kura Gallery内に、竹を使ったインスタレーションを設置するとともに、Studio Kuraのある二丈町の景色を、チュヒ目線で切り取り表した写真の展示をしました。

DSC_0168
RIMG_3045
DSC_0094