タグ別アーカイブ: Lily Lewis

Lily Lewis

Lily Lewis (United Kingdom) Residence: March 2018

Lily Lewis is an artist currently living in London, and her works range from painting, drawing, sculpture and mixed media pieces. She has had works shown in both group and solo exhibitions in London, New York, LA and Paris. With degrees in English literature and psychoanalysis her practice involves itself in the academic understanding and deconstructed narrative of the human experience within a geometric framework.

Her current practice is the second of 5 exhibitions retelling the story of the human body through physical elements symbolic of the biological senses; touch, sight, smell, taste and hearing, and a study into the corresponding geometric relationships, with an emphasis on the platonic shapes; circle, line, triangle, square, and a quiet understanding of the negative space in between, in an attempt to define the building blocks of what it is to at its core be a body in communication with the universal.

At studio Kura she will continue her research into the narrative of form in space, but with an added influence of more location specific views of cultural icons such as; sakura, manga, religious texts, etc, seen within and through the shapes that influence each chapter of the larger story.

-Lily Lewis’s website

IMG_215313

IMG_5332

IMG_35318

Lily Lewis

Lily Lewis リリー・ルイース (英国) 2018年3月滞在

Lily Lewis リリー・ルイースは、現在ロンドン在住のアーティスト。絵画、彫刻、ミックスメディアの作品を多数制作しています。これまでロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリでのグループ展と個展に参加。英文学と精神分析学の学位を持ち、作品制作にも反映されています。学問的な理解と、幾何学的枠組みでの実体験のストーリーを組み合わせた作品展開を行っています。

生物学的な感覚<五感>を象徴する物理的なモチーフを通して人体の物語を再考する展覧会を5つ予定しているリリーは、今回の滞在制作で2番目のプロジェクト<視覚>に取り組みます。触覚、視覚、嗅覚、味覚、聴覚とそれに伴う幾何学的関係への研究、また円、線、三角形、四角形とそれらのネガティブ・スペースを理解するプラトニック形状に重点を置き、それらが核となる普遍的なコミュニケーションを定義しようとしています。

スタジオクラでは、引き続き特定の場所でみられる形の研究を続けながら、サクラ、漫画、宗教的なテキストなどといった日本の文化的要素を取り入れた制作に挑戦します。

-リリー・ルイースのウェブサイト

IMG_215313

IMG_5332

IMG_35318