Benoit Aupoix

Benoit Aupoixはパリを拠点とするフランスのイラストレーター兼アートディレクターです。カーン美術学校を卒業して以来、彼はLouis Vuitton、Vacheron-Constantin、BMWといったクライアントのための商業イラストレーターとして活動してきました。 彼の作品の優雅さと、細部へのこだわり、鋭い角度感覚の組み合わせは、視聴者を特別な没入体験へと誘います。彼の作品は広告キャンペーン、アニメーション、本や雑誌のカバーで見ることができます。 Studio Kuraでのレジデンス期間中、Benoitは個人作品と実験のための期間となることを期待しています。 Benoit Aupoix is a french illustrator and art director based in Paris. Since graduated from the […]

Ella Carroll

エラ・キャロル、通称「ビーニー」は、オーストラリアのメルボルンを拠点とする多岐にわたる分野のアーティスト兼キュレーターです。彼女の作品はデジタルと伝統的な媒体を組み合わせ、主に彼女のキャラクター「ビーニー」を特徴としています。ビーニーは、2014年の日記のエントリーで初めて登場したウサギのキャラクターです。ビーニーの作品は夢のようで、カラフルで、居心地が良いです。まるで想像上の友達のようです。エラは主にアクリル、彫刻、デジタルデザインを使用しますが、家具、金属工芸、はんだ付けされたジュエリー、レジンのフィギュア、ラグなども定期的に制作しています。ビーニーは、シーツを変えることや、牛乳や卵を買いにお店に歩いて行くような、ありふれた日常のシーンを主に描きます。あなたがそれを探せば、あらゆることに美しさがあります。ビーニーの作品は、パーソナライズされたコミッション作品から企業のロゴ、店舗の内装、大規模な展示会のキュレーション、フェスティバルのイベントポスター、壁画などに拡大しています。 Ella Carroll, more commonly known as ‘Beany’, is a multidisciplinary artist and curator based in Melbourne, Australia. Her work combines digital […]

Fei

Feiは台湾のイラストレーターで、ericocoとも呼ばれています。彼女は自分で描いたり物を作ったりしています。彼女には「Little Tiger Team」というイラストブランドがあり、ほとんどの作品はこのトラとトラの友達に関連しています。イラスト以外にも、セラミックス、布地、混合メディアを使ったものを作っています。 Fei is a Taiwanese illustrator, some people call her ericoco as well. She draws and makes things by herself.She […]

Philo Ouweleen

フィロ・オウウェレン(1992年生まれ)は、オランダのアムステルダム出身のビジュアルアーティスト兼日本研究家です。日本研究家としては、現在、Hotei Japanese Printsで日本の木版画を専門に扱っています。彼女は『新版画:日本の新しい版画 1900-1960』(2022年)の共著者です。 彼女のビジュアルスタイルは、マンガ、アニメ、日本の木版画にインスパイアされた大胆な(外)輪郭と平面性が特徴です。彼女は自分の作品を具象的で、カラフルで、ビジュアルストーリーテリングとして描写しています。フィロの作品は、絵画とドローイングの交差点に位置しています。 フィロは、主にグワッシュ、水彩、日本のマーカー、(色)鉛筆を使って紙に混合メディアで作品を作っています。日本への関心と日本のビジュアル文化への関心は、視覚的にもテーマ的にも彼女の作品に反映されています。 2021年以降、慢性疾患にかかったことで、フィロは様々な形のアート作成を試みています。現在、彼女は主に自分のアートアーカイブや見つけた素材を使用してコラージュアートを作成しています。 彼女はスタジオクラで次のプロジェクトに取り組みたいと考えています:「日本の田舎の魅力を、物語を伝える個人的で親密な作品で視覚化したいと思います。経験を描き、描き、書き留めることで、自分の体と自然との調和の中で生活をゆっくりとすること、本当に心を歌わせるものは何か、ということについての対話を開きたいです。2020年には、コロナ感染後に慢性的な疾患であるロングコビッドを発症しました。糸島でゆっくりと時間を過ごし、自然の癒しの力を体験したいと思います。このようにして、私が作る作品を通じて、コロナ感染後に身体的、精神的な健康に苦しむ多くの人々や、自由や毎日の選択に影響を与える別の慢性疾患を持つ人々に、慰めと希望のメッセージを伝えたいと思います。 Philo Ouweleen (1992) is a visual artist and Japanologist from Amsterdam, the Netherlands. As […]

Rabin Huissen

Rabin Huissenの作品は、自身の体を媒介として使用することで、空間、意識、及び人間の体との関係を探求しています。体は変化する温度、風、光を反映し、’自己’は私たちの記憶の中にある広大な空間と時間に投影されます。時間は招かれざる共同作業者となり、体内に含まれる記憶を形作り、色づけます。ハウセンの探求は自然風景から都市環境まで広がり、物理的感覚と周囲の空間的文脈との間の繋がりを理解しようと常に試みており、最終的には自身の存在の意味を探求しています。東洋哲学からの影響を受け、彼は人間が作り出した創造物と自然および時間の変容力とを絡ませています。 彼の作業方法では、小さなものから人間のスケールまでの多様な結果が現れます。彼が他人と交換する青写真、手紙、ポストカード、一連のフォトグラムや彫刻的なオブジェクトなどです。 Rabin Huissenは、オランダを拠点とするコンセプチャルアーティストです。 Rabin Huissen Huissen’s works investigate the relationship between space, consciousness, and the human body by utilizing his […]

Cecilia Reeve

Cecilia Reeve(1996年生まれ)は、ロンドンを拠点に活動するアーティストで、絵画とアニメーションの交差点を探求しています。彼女は最近、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでアニメーションの修士号を取得しました(2023年)、その前には、ブライトン大学でイラストレーション(BA)を学び、2018年に卒業しました。 彼女の作品は「Its Nice That」、ハーパーズ・バザー、エレファント、ファイナンシャル・タイムズ、スタイリスト・オンライン、イブニング・スタンダードに掲載されています。彼女のアニメーションは、サンダンス映画祭2022、ロンドン・ショート・フィルム・フェスティバル2023、LIAF(2023年)を含む世界中の様々な映画祭で上映されています。2023年には、彼女の卒業作品「Porous」でアーツスレッド・グローバル・グラデュエイト賞を受賞しました。 セシリア・リーヴは、彼女の作品で感情、憧れ、夢見るという幽玄な世界を探求し、時には神秘的で不安を感じさせる雰囲気を生み出しています。彼女の絵画とアニメーションの組み合わせた実践は、キャンバスや紙から解き放たれた静的な作品を生き生きとさせるアニメーションの無限の可能性を利用しています。セシリアは、「マジカル・リアリズム」という文学ジャンルに魅了され、夢と現実が衝突し、過ぎ去った場所に私たちが残す儚い影の間の瞬間に惹かれます。水中での没入は、無意識の心を描写する入り口となります。水中に浮かぶと、私たちの体は断片化され、物理的世界との時間から外れます。彼女の作品では、女性の視点と、その結果としての自身の体を考慮に入れ、(彼女の)体がどのように見られ、見られないかを検討し、主張しています。

Holly Granken

ホリー・グランケンはカナダを拠点とする写真家兼版画家です。彼女の好みや影響には、日本/日本の文化や言語、自然/動物、ヴィンテージ/レトロなデザインやファッション、タトゥー、旅行、コーヒー/食事、そして奇妙な/スプーキーなものが含まれます。彼女はカナダで多数の展示会に参加し、作品に対して賞を受賞し、いくつかの出版物で作品が特集されてきました。 最近、彼女は刺繍の実験を始め、フラワーパウンディングを通じて自然の要素を作品に取り入れる方法を探求しています。スタジオクラで彼女は、何年も頭の中で考えていたアイデアを完成させる予定です。このアイデアは、正しい時と場所が来るのを待っていました。版画、フラワーパウンディング、刺繍を組み合わせることで、神話、自然、生と死の物語を伝えます。 http://www.studio575.org/ Holly Granken is a photographer and printmaker based in Canada.  Her likes and influences include; Japan/Japanese culture and language, […]

Una Wiener

ウィーン生まれ、ナポリ(イタリア)とウィーン(オーストリア)に住むウナ・ウィーナーです。 作家、著者、レポーター、フラヌールとして活動しています。 私は、人間と自然、そして(無)生物との相互作用に対する結果に無限の好奇心を持っています。私は曲がったもの、衰えゆくもの、枯れたものを探します。私は衰退、奇妙さ、変わりやすさの中に美を見出し、同時に信頼できる根付いたパターン、構造、組み合わせの中にも美を見出します。 毎日、私は狩猟バッグを持って外に出て、集め、ふるい分け、整理し、組み立て、私の世界の驚異を理解しやすいアペルセウ、一瞥、反映、結論として再現することを目指します。私は偶然の摂理を伝える者です。 現在、私は「日本の靴」というフィクション作品に取り組んでいます。これは情熱、殺人ミステリー、伝統的な妖怪信仰、文化の衝突、そして完全な当惑の設定の中で、日本の驚異を包括するロードノベルです。私は印象の過負荷を管理し、処理しようと試みている間、日本は現在、私の写真撮影の旅から個々の画像に輝きを与えるための俳句の素人として私を捉えています。 Una Wiener, Born in Vienna, lives in Napoli (Italy) and Vienna (Austria) Writer, Author, Reporter, Flaneuse I […]

Sue Pentelow

Sue Pentelowは、主にブロンズを使用したオーストラリアのアーティストです。彼女の関心は、カンガルー島の自然界にあり、そこでは小さな魚や昆虫を再解釈し、最初は蝋で形作り、最終的にはブロンズで鋳造しています。 ブロンズ鋳造の達人シルビオ・アポーニの指導の下で学び、ペントローはサウスオーストラリアで開催されたいくつかのワークショップに参加し、そのプロセスを洗練するためにカントリー・アーツSAから支援を受けています。 スタジオ・クラでの滞在中、彼女は地元の環境からインスピレーションを得て、採集体験を通じて新しいテクスチャーや制作方法を探求することを期待しています。 Sue Pentelow is an Australian artist working predominately in the medium of bronze.  Her interests lie in the […]

Issy Grew

Issy Grew(1999年生まれ)は、イギリスのロンドンに住んで働くビジュアルアーティストです。 主に油絵を描く彼女の実践は、記憶、快適さ、欲望、子供時代の回想、そして英国文化のテーマを取り巻いています。彼女は作業を始めるために、自身の家族の写真アルバムから「You’ve Been Framed」という英国のコメディーシリーズのスクリーンショットまで、2000年代に作成された家族の写真を集めて探すことから始めます。選択した写真を切り取り、拡大し、コラージュすることで、彼女の題材が作られます。彼女は記憶の偽造に関心を持ち、この操作のプロセスを通じて、新しい理想化された家族のアルバムが作られます。 彼女の絵画は、しばしば小さなサイズで、飽和度が高く(2000年代のフィルム写真を反映して)、時間の一瞬を一時停止したような移りゆく関係を描きます。彼女の絵画は、かつて存在した慣れ親しんだ瞬間に留まるように視聴者に親密な体験を提供します。彼女の絵画は自伝的で感傷的と受け取られますが、不格好な構図、繰り返されるモチーフ(普遍的なモノブロックチェア)、軽快なタイトル(例えば、「It Wasn’t Me」や「Big shoes, Small Heart」)があることで、皮肉とともにバランスがとられています。スタジオクラのレジデンシー中、グリューは英国文化に根付いた皮肉という考えをさらに探求することを目指しています。 www.issygrew.com Issy Grew (b.1999) is a visual artist who lives and […]