Angelina Wanczarskyj

Angelina Wanczarskyjは、イギリス在住で活動するアーティストで、イラストレーションと陶芸の両方に特化しています。 彼女のイラストでは、自然や植物、動物、子供時代の無邪気さや楽しさからインスピレーションを得て、鮮やかな色彩と想像力豊かな物語を通じて視聴者を魅了しようと努力しています。彼女は、鮮やかなグワッシュ画や繊細なスケッチ作業を通じて、喜びの感情を呼び起こし、視聴者の想像力を刺激することを目指して、不思議な世界を創造します。 陶芸の実践においては、アンジェリーナは粘土を使って、彼女のイラストを三次元の領域で生き生きと表現します。機能性と美学の境界を探求する彼女は、彼女の物語性とスタイルを反映した器、陶器の鈴、装飾彫刻を作成します。 アンジェリーナの作品における物語を語る情熱を通じて、彼女の目指すところは、温かさ、幸福、喜びの印象を残すことです。 Angelina Wanczarskyj is an artist living and working in England, specialising in both illustration and ceramics. Through […]

Ximena Valle

Ximena Valleは、記憶、不在、環境、女性性、消費文化、自然などのコンセプトを探求し、作業するメキシコの多分野アーティストです。 彼女はメキシコシティの国立美術学校「ラ・エスメラルダ」で視覚芸術を学び、絵画を絵の具を超えて探求し、すべてが絵画であるという考えで遊び、多様な素材で実験することを可能にするプロジェクトで卒業しました。この用語は「ピクトリカル・アセンブリー」と呼ばれ、彼女の芸術と美学に大きな影響を与えています。彼女は「Trazos y Luces」メキシコシティ(2022年)、「SerMujerEs」ベラクルス(2022年)、国立美術センターCDMXでの「Mareas Cotidianas」(2023年)、ガラパゴス諸島での彼女の芸術レジデンスでの「Multiterritorialidad」(2024年)など、個展およびグループ展を行っています。また、Fusion Arte Urbano(2022年)およびColectivo Tomate(2023年)といったメキシコの協会と壁画家としてのコラボレーションも行っています。 Ximena Valle is a multidisciplinary artist from Mexico which explores and works with […]

Rozana Lee

Rozana Leeはインドネシア・中国系ニュージーランド人のアーティストで、テキスタイル、絵画、ビデオ、インスタレーションなど様々な媒体を通じて作品を制作しています。彼女は移民、所属感、異文化間の移動、ポストコロニアルなアイデンティティに関連するテーマを探求しています。オークランドを拠点に活動しており、オークランド大学で2018年に美術修士(MFA)を取得しました。 Leeはニュージーランド全土の公共ギャラリーやアーティストスペースで広く展示を行っています。 彼女は「National Contemporary Art Award」のピープルズチョイス賞(2021年)、エスチュアリー・アート&エコロジー賞の第3位(2022年)およびピープルズチョイス賞(2018年)を受賞しています。彼女の作品はクライストチャーチ・アート・ギャラリーを含む私立及び公立のコレクションに収められています。2016年にシンガポールのInstinc、2019年に広州のMaking Spaceでアーティスト・レジデンシーを行いました。2023年には中央アジアを横断する「The Zhelezka Project: on the Tracks」に参加し、その後2024年にドイツ・ライプツィヒのライプニッツ地域地理研究所でフェローシップを受けました。 彼女はStudio Kuraのレジデンシーで、絣(かすり)の模様について学び、その発見に触発された作品群を創作する予定です。 Rozana Lee is an Indonesian Chinese New […]

Lasa Chang

台湾出身のLasaです。私は土木工学と工業デザインを勉強し、2016年からフリーランスとして活動しています。私は水彩画を使って食べ物や植物を描くのが得意です。特に食べ物について経験したすべてを歩き回って記録したいと思っています。 私にとって食べ物は文化の一部です。どの国にも独自の特別な食べ物があり、グローバル化された世代でもそれが共有されています。みんなが一緒に食事をするときに、彼らの感情や文化を共有します。食文化プロジェクトは、イラストを使って居住地の食文化を記録することです。食べ物が日常生活にどのように影響を与えるかを調査します。 I am Lasa, born in Taiwan, study Civil Engineering and industrial design.Become a freelancer from 2016. I am good at […]

Christine Lykkeh

Christine Lykkehは、ジン(自費出版された雑誌)とイラストレーションに焦点を当てたデンマークのアーティストです。 彼女の作品全体を通じてのテーマは、ニッチなサブカルチャーの好奇心旺盛でユーモラスな研究です。 リュケのジンは、地元の美容師の名前のコレクションのイラストから、世界の終わりについての詩的なコミックまで、さまざまなテーマを取り扱っています。彼女の最新のジンは、もしスポンサーを表すコスチュームを着てレースに参加したらというテーマでツール・ド・フランスのチームのイラストでした。 ジン以外にも、このアーティストはセラミックスの経験も豊富で、ワークショップやイベントの企画も行っています。 Christine Lykkeh is a danish artist who has a focus on zines, (selfpublished magazines) and illustration. The […]

Nicoletta Draper

ニコレッタはロンドン生まれの23歳の写真家です。彼女の写真は主に、周囲の人々が生活を楽しむ様子や、自分が住む街とその文化を捉えたものです。彼女のスタイルは若々しく、エキサイティングです。 ニコレッタはイベント写真からキャリアをスタートしました。彼女は「人々が楽しんでいる瞬間を捉えるのはとても楽しいです。ここには真実で、遊び心があり、クールな感情があります」と言っています。 この経験が彼女を初の個展「London I Love U」へと導きました。この展示会では、若者文化とナイトライフを探求しました。 最近、ニコレッタはファッションとポートレートの写真に取り組んでおり、クリエイティブなディレクションでさらに実験を重ねています。 Nicoletta is a 23 year old photographer born in London. Her photographs are mainly of […]

Angela Lang

Angela Langは、旅行記や意識の実験に情熱を注ぐバイリンガルの作家兼文学アーティストです。彼女は「ニューヨーク・タイムズ」社のスペイン語デジタルプロジェクトや「メレディス・コープ」と「オーラ・USA」のライフスタイル雑誌で編集者および共同制作者として活動してきました。作家としては、コロンビア版バニティ・フェアである「レビスタ・ダイナーズ」の米国特派員を務め、ブルックリン・レール、ゲルニカ・マガジン、パノラマ、フォーダーズ、メトロなど、いくつかの出版物に寄稿しています。彼女はボゴタ出身で、半遊牧民、半フラヌールとして、4つの大陸と6つの国に住んできました。旅行していないときは、ニューヨーク市を拠点にしています。 「私はシンクレティックで精神的に好奇心が強いバイリンガルのメスティーサであり、他者や自分自身の知覚に対する信頼をどのように築いているのか、また、物、場所、存在との偶然の出会いのタイミングに魅了されています。特に、恐れではなく好奇心を選んだ瞬間のセレンディピティについてです。私の芸術的な実践では、ハイパーコネクテッドな世界における「外国の」と「持ち運べる」のアイデアをどのように構築しているか、そして、旅行する女性や有色人種がどのように持続可能で資源を活用したつながりのインスピレーションを広範囲にわたって生み出しているかを探求しています。それは自己発見やロマンスを超えた火花です。私は自分自身をプロトピア信者、熱心なトランスセンデンタル瞑想者、そしてダンス愛好者だと考えています。」 “As a syncretic, spiritually curious, bilingual mestiza, I am fascinated by how we build trust (in others and in […]

Ana Balboa

Ana Balboaはスペイン出身のアーティスト兼デザイナーです。彼女は創造的で衝動的な性格を持ち、常に異なる分野について学びたいと考えています。 彼女の作品では、新しいスタイルや技術を探求し、イラストレーションと彼女の実験的なジュエリーライン「ヴァニーナ・パルメート」を融合させています。このプロジェクトでは、スチール、ポリマークレイ、小さな貝殻、ビーズなどの素材を使用し、写真、グラフィックデザイン、イラストレーションと組み合わせて、若者、カルト映画、アート、音楽アイコンに影響を受けた独自の宇宙を創造しています。 Ana Balboa is an artist and designer from Spain. She defines herself as a creative and impulsive person, constantly […]

Nina Vroemen

私は、アートがどのようにして生態的な思考を活性化させるかについて興味があります。科学的でありながらも幻想的な私の作品は、元素的なものと神話的なものを絡ませています。パフォーマンス、ビデオ、彫刻、陶芸にまたがり、私は物質の代理人としての役割と、歴史、物語、警告、そして希望に満ちたそれらの潜在力に興味を持っています。私の研究は半十年以上にわたり核の歴史、具体的には核廃棄物、悲嘆、そして相続に焦点を当ててきました。私は、ウランが最初に採掘された北西地域や、最初の原子爆弾が爆発したニューメキシコなど、核開発に関連する複数の現場で研究を行い、作業をしてきました。核を通じたレンズの変遷は、特に環境におけるスローバイオレンス、毒性、そして現在の気候危機を考える上で、権力、説得、そして人間の想像力を調べるための魅力的な事例研究です。放射線は目に見えない脅威です。それは壁を通過し、身体や環境に浸透し、一万年以上にわたって危険を残すことができます。私はそれを長い間解き放たれたもののように考えていますが、今もなお続いている出来事です。それは、見えなくても責任を必要とする相続物です。私自身の核に対する経験は、放射線中毒で亡くなった祖父の損失を通じての悲嘆によるものです。その後、私の原子力史との関係は多面的になり、この生態学的瞬間の複雑さを畏怖、恐怖、そして希望の可能性を通じて反映しています。スタジオクラでの1ヶ月間のレジデンシー中、私は水に焦点を当てた新しいプロジェクトに取り組む予定です。これは自然資源としての水の詩情と政治、および核開発におけるその役割についてです。私は、シルクのバナーに海藻や海洋生物のシアノタイプを作成します。シアノタイプと海藻に興味を持つ理由は、その素材の質だけでなく、歴史的に核緊急時に人間の甲状腺を保護するために消費されてきたことにもあります。海の核汚染に対する治療法がその深さにも存在する可能性があると考えるのは興味深いことです。I am interested in how art can activate an ecological way of thinking. Scientific and surreal, my work intertwines the elemental and […]

Eliza Williams

エリザ・ウィリアムズ、別名ドゥーリトル・イラストレーションズは、オーストラリアのイラストレーターであり、多岐にわたる分野で活動するアーティストです。彼女の作品はデジタルと伝統的な媒体を組み合わせ、探索して楽しむための色鮮やかな小さな世界への没入型の入り口を提供します。エリザは、インスタレーション、アニメーション、イラストレーション、衣服、絵画などを通じて、これらの夢のような世界を創造しています。 将来的には、エリザはより実体的で体験的な芸術を創造することを目指しています。 独立したアーティスト、大企業、小規模ビジネスのプロジェクトに携わり、ローリング・ストーンズ、Spotify UK、ワーナー・レコード、フランキー・マガジンなど、世界中のクライアントのために仕事をしてきたエリザは、グローバルに活動しています。 スタジオクラでの滞在中、エリザはウェアラブルアートを作成し、自身の経験や情熱に基づいた作品を作ることで、スキルをさらに発展させることを望んでいます。この時間を利用して、個人の作品に真剣に取り組み、実践を拡大することに注力します。 Eliza Williams A.K.A Doolittle Illustrations is an Australian illustrator, multidisciplinary artist whose work takes on many different forms […]